当サイトは18歳未満の方の閲覧は固くお断りいたします
〓〓〓〓〓〓〓〓 年齢認証 〓〓〓〓〓〓〓〓
あなたは18歳以上ですか?


18歳以上/18歳以下
ENTER/EXIT
FC2ブログ
AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女教師の女の性

駅で待ち合わせた先生はいつもとは違った雰囲気。

黄色のTシャツにジーンズというラフな服装で、今から海にでも行くんじゃないか?
そんな感じさえあった。
とても学校のときの「ノンスメル」とは思えないほど。
Tシャツに盛り上がるふたつの膨らみがやけに眩しくさえ思えた。

「こんにちは!」

先生から声をかけられた。

「来てくれてありがとう。小川君とまたこうしてふたりきりで会えるなんてね!」

先生はとても嬉しそうにそう言った。
僕も軽くうなずいた。

先生のほうから積極的に手を繋いできた。そして僕は指を絡めてゆく。
先生は幸せそうな笑みを浮かべ僕を見つめ そのまま手を引かれ
いっしょに電車に乗り込んだ。

僕もちょっと甘えたくなり シートに並んで座ると 先生にぴったり寄り添った。
先生も僕に身体を押し付けてくる。
女性の肌の柔らかさと温かさが衣服ごしに伝わってくる。
先生は僕の肩に頭を寄せてくる
そしてかすかに漂ってくる、化粧とは違うこの香り・・・
女性の甘くてやさしい香り・・・
僕はこの電車の中だけでも十分癒されていく思いがした。

先生の部屋のある駅で電車を降り 
駅前のちょっとお酒の飲めるレストランで食事をした。
先生はビールとワイン・・・
僕も・・・と 思ったが そこは先生に止められた。
この状況で そんな堅いこと抜きでいいじゃないかとも思うが
やはり先生の性(さが)なのか そこは許してもらえず 
僕はアイスコーヒーになった。 笑

僕たちはたわいもない話で盛り上がったり 悩みを打ち明けあったり
どうみても先生と生徒ではなかったと思う。

先生はあまり昔のことは話したがらないが
話の雰囲気からして 前のダンナさんとは
「長く付き合ってたけど 結婚したら急に男と女ではなくなっちゃった」

「それ以前にエッチが合わなかったのね。いい人には違いないんだけれど、あの人とのSEXで
楽しかった記憶はないの。」

「エッチが嫌いなわけではないのよ。というより、中学生のころから興味は津々だったよ。
けど かえってそれであまりに男の人に期待しすぎてたのかもね。
今まで経験した人で私はイッたって経験がなかったの。
自分でしてるオナニーのほうが何倍も気持ちいいしイけたわよ。」

「だからね、小川君とシタときは私驚いちゃったのよ。
だってぜんぜんイイんだもの!笑 
もちろんオナニーより何倍もよかったし 興奮もしちゃった 笑
それにイッたもの。何回もよ!

先生ね、離婚してからは『もう男なんかに期待しない』って決めて
だれとも付き合わずひとりでもいい!って自分に言い聞かせてたみたい。
だから外では意識してクールにしてたのよ。
なるべく男に近寄られない空気つくるためにね」

「けどね、ほらっ いつだったか 化学室で先生が濡れたズボンとか着替えてるところ
あなたに見られたことあったでしょ?
あのときね、とっても恥ずかしかったけど 同時に股間が熱くなったのよ。
正直濡れてたよ・・・
四十路女でも興味を持って、覗いてまで見たいと思う若い男がいることが新鮮だったわ。
しかも私なんか、女捨ててたからね~笑 なおさらよ。
あれで忘れていた「私は女」という気持ちが出てきたみたいだったわ。
そんな感じは初めてで わけがわからなくてね。
あの日は帰ってから すぐオナニーしちゃったの・・・もう何年かぶりよ~
しかも朝までよ!信じられる?
何回も何回も自分で自分をイカせて・・・何回しても止められなかった。
ずっと小川君の姿ばかり なぜか想像しちゃっててね 笑
おかしいよね!笑

あそこからかな~ 君を意識しちゃってたのは・・・
あれ以来ね 私 頻繁にオナニーするようになっちゃった。
オカズはいつも君よ!

そして君が ほら 学校休んだでしょ?
もう気になって仕方なかったわよ。

で 様子見に行って・・・
アレでしょ・・・

びっくりしたけど 期待もしてたと思うわ。
それが 期待なんか吹っ飛んじゃうほど もっとよくて・・・よすぎて・・・

先生 君の事忘れられなくなっちゃってる・・・

もう 夏休みだし ねえ 小川君・・・
今日は 先生の家に泊まっていかない?


そして 食事のあと店を出たら
先生から 僕にしがみつくように腕をくんで
身体を密着させるような感じで先生の部屋まで歩いた。

先生の部屋はきれいに整理されていて白を基調とした清潔感のある部屋に思えた。
なんでもこの部屋に入った客は僕が初めてということらしい。

そして その日 僕たちはそのきれいに整理された部屋で
2回目の「淫靡で濃厚な夜」を過ごした。

その上品な部屋にはおよそ似つかわしくない響きが朝まで続いた。

あぁはんっ!オマンコとおチンポ擦れてるぅ!あいぃぃ~ぃっ!ああはあぁんっ!
お、奥まで入れてっ!んんぅんっ!き、気持ちよすぎるぅ!はああぁうあぁっ・・・」






テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

大谷杏子先生(仮名)
当時41歳のバツイチでしたが、
辻沢響江さん似のきれいな先生です。 教科は化学。理数系のイメージどおりの 普段はとてもクールなインテリ派です。 そう 普段はね!^^
ちなみに通称「ノンスメル(ノンスマイル)」。 近寄りがたい雰囲気だけれど、美人だから 男子生徒には人気はありました。

高2、高3のときの僕の担任であり、 SEXパートナーです。

j672-3.jpg (写真はイメージですよ)
大谷杏子先生 (仮名) 2
本人から聞いた内容です

大谷杏子(おおたにきょうこ)
1960年6月生まれ
出身地:千葉県
職業:高校教師
学科:化学
血液型:O型
身長:162cm
体重:55kg
靴のサイズ:24.5cm
バスト:85cm(Eカップ)
ウエスト:59cm
ヒップ:89cm


w05-1c.jpg
(画像はイメージです)
ちなみに・・・
先生が似ていると言われる辻沢響江さんの画像リンク
観てみてください
カテゴリ
最新トラックバック
Book Mark
小川あさと(仮名)です
7年前、高校2年の春から僕には秘密ができました。 担任の女教師とエッチな関係になったのです。 その頃の日記があったので掘り起こしていきます。
最新記事
セクシー教科書
一応ジョークのつもりでリンクしました  笑
最新コメント
検索はこちらから
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

感謝を込めて^^
boufuzai200-3.jpg
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。